激しく動くYST

YSTのSERPの動きが激しい。

また今日も大きく動いたようである。

せっかく「SEO対策」キーワードのTOP12位のバックリンクを調査したが、

ほとんど入れ替わってしまっている。

前回の調査で1位だったサイトは17位に転落

e-searchはTOP4に返り咲いた。

また動く可能性は十分にあるので一時の変動かもしれない。

コンテンツ的には今の順位が妥当と思えるがどうだろうか?

YST SEO対策

1位 472,000
2位 505,000
3位 32,400
4位 7,210
5位 64,600
6位 14,900
7位 13,300
8位 93,700
9位 13,800
10位 1,850
11位 1,390,000
12位 2,630

この数字はなんだと思いますか?

これはYSTで「SEO対策」と検索した時のTOP12サイトのバックリンク数です。

YSTはカテゴリ登録サイトのマークを表示しなくなりました。

上記の順位は標準設定(カテゴリ登録マークなし)の順位です。

検索設定でカテゴリ登録マークを付けると順位が変わります。

さて

バックリンク数だけを見ると11位のサイトが他を圧倒しています。

しかし11位です。

バックリンクだけでは上位にこれない事がこれで分かると思います。

ちなみにこの11位のサイトはGoogleでは2位です。

Googleではページランク技術の影響で被リンクを重要視しています。

以下は憶測で書いております。

4月5日のYSTアルゴリズムの変更で、サイト内のコンテンツ(テキストマッチや外部サイトへの発リンク等)やサイト内リンク構造を重視し、ドメイン単位でのSEOが重要になってきた

サブドメインや下層ディレクトリに設置してあるページの内容も大きな評価対象となっている

関連の無いサイト(ページ)からのリンクを評価しない

関連の無いサイトへの発リンクはマイナス加点になる。

YSTでのスパムサイトへリンクをしていると順位が下がり、相互リンクをしているとかなり危険

以上あくまでも憶測ですので真に受けないようにして下さい。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM