タイトルタグの重要性を再考する

JUGEMテーマ:SEOについて


タイトルタグの重要性を再考する

タイトルタグの重要性に関しては、もう耳にタコが出来るくらいかと思いますが、

今一度触れてみたくて書いてみようと思います。

タイトルタグはページの内容を簡潔に表す物で、生まれたページの名前ともいえますが、

タイトルタグには3つの要素があると考えます。


1つめは、ライティングセンス的キャッチコピー要素です。

検索結果に表示されるタイトルタグはユーザーの検索行動心理をついた

キャッチーな物であればあるほどクリックされやすくなると言われています。

最近のGoogleはタイトルタグを勝手に変更してくれる訳ですが、これも良かったり悪かったりかと思います。

この部分はmeta descriptionでも同じ事がいえ、これで補う事も可能だと思います。


2つめは、SEO的キーワード配分要素です。

タイトルタグに含まれるキーワード「単語」はその数が多くなれば多くなるほど

各々のキーワードへの重要度が分散します。

これがどれぐらい分散するのか?というと関連性があればあるほど分散率が高まり

場合によっては順位を落とす要因にもなりえます。(感覚値です)

ただ順位に関してはその他の要素も大きく関わってくるので、一概に落ちると決まる訳ではありません。

ユーザー的にも検索エンジン的にも、「このページはなんに関してのページなの?」

この部分を明確にしてあげればあげるほど、お互いに幸せになれるかと思います。

一つのページに多くのキーワードを担わせるのは良くないというのもこの辺が絡んでくるかと思います。


3つめは、穴場的ロングテール要素です。

コンテンツに対してマッチしており、メリットのある穴場的キーワードを

タイトルタグに含ませる、あるいはタイトルをそのまま文章にしてあげる事で

そのキーワード(文章)に対して非常にアドバンテージが高くなります。

検索候補に出てくる物を入れるのが一般的?ですが、そうではない物もあるでしょう。

この辺は、コンテンツに熟知しており、どんなキーワードで検索がされるか?を考慮したり

アクセス解析を元に考慮したりする場合もあると思います。


以上3つの要素を書きましたがまだ、他にも考慮すべき要素があるかも知れません。

ただなんとなくタイトルを付けるのではなく、色々と考慮してタイトルを付けてあげる事で

様々なメリットが生まれるという事を考えてみるのも良いかと思います。

勿論タイトルタグだけではなく、中身のコンテンツがしっかりしてないと意味がないのは言うまでもないと思います。


関連するコンテンツを細分化させた場合に

JUGEMテーマ:SEOについて


関連するコンテンツを細分化させた場合に

GoogleのSEO対策ではコンテンツテーマの統一性が重要なのですが、その中でも

構造的に「整理」させていて、各々のコンテンツページが詳細に深く、内容を掘り下げた物が良いとされています。

何かのトピックに関して詳しく文章や画像、動画などを取り入れて説明する場合

それなりの掘り下げた内容になるのは、ごく当たり前の事です。

ここにはユーザーに向けられた視線という物が大切になってきます。


で、検索エンジンが評価する部分としてはテーマの統一性と構造の部分が重要です。

あるキーワードに関するページがいくつも存在するのはSEO上ではマイナスになる

マイナスというか、似たようなテーマで複数のページが存在するとGoogleが正しい判断を出来ずに

本来上げたいページが下がってしまう現象がありますよね。

重複コンテンツとは又違ったニアンスの部分で、重複はしてないけど

それぞれのページがSEOスコアを食いあってしまっているとでもいいましょうか。

この場合は、メインとなるページに向けたリンクをコンテンツ部分から発するのが結構有効です。

重複ではないのでcanonicalするのは勿体無いです。

本来はそれぞれキーワードが食いあわない様にするのが良いのですがね。



過剰SEOの一例

JUGEMテーマ:SEOについて


過剰SEOの一例

SEO対策を行っていると、思わぬ所で過剰なSEOを行ってしまう事があります。

とあるキーワードで順位がなかなか上がらないサイトがありまして、

外部リンクもそこそこ受けていて、アンカーテキストにターゲットキーワードが結構含まれている場合、

リンクを受けているページ内で、ターゲットキーワードの過剰な使い方をしてるサイトがありまして

内部リンクにもターゲットキーワードを入れてずらっと並べている形です。

これを内部リンクをキーワード抜きの形にした所、順位がぐぐっと上がったという事例がありました。

良かれと思ってそうしていたんだと思いますが、それが結果的に足を引っ張る形だったという事ですかね。

しかしこれも、大丈夫なサイトは大丈夫なんですよね。

こういった事ってほんとすべてのサイトには当てはまらない事例ばかりなのですが、

SEO対策を意識すると変にキーワードを入れたくなる事があると思います。

ユーザー的にも、そのサイトはターゲットキーワードのサイトである事は明確な訳ですから、

無理に内部リンクにそのページのキーワードを含ませるのも考え物だと思います。
(リンク先ページの内容を表すキーワードは必要だと思いますが)




calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM