リンクが与える影響を考える

リンクが与える影響を考える

Googleのツールバーページランクがメジャー更新した模様なんですけど、

個人的な管理サイトでは、あ〜やっぱりそうなんだというランクの付き方でした。

ツールバーのページランクが検索順位に直接影響は及ぼさない訳なんですが

実際のリアルページランクは、リンクの品質も見てランクを付けているのでしょうから、

ツールバーのページランクも過去の物ですけど一つの見える判断材料としては参考になると思います。


コンテンツが良い悪いとは別の部分で、

そのページが受けてるリンクの品質はどうなのか?

発リンク先のページの品質はどうなのか?

といったリンクが与える影響を考えてみたいと思います。

低品質なリンクはどういった物なのか?

Googleが評価したくないであろうリンク
・SEO目的だけの為に集まったリンク郡(サイト群)
・テーマにそぐわない多量に貼られた相互リンク集ページからのリンク
・ワードサラダからのリンクetc

すべてではないと思いますが、これらのリンクは恐らく評価されないし、

そういったページ(サイト)に発リンクをしてしまうと

こちら側の評価も著しく下がると思います。

いわゆるスパムサイトに向けて貼ったリンクですね。(気付かないけど相互リンクしてしまったとか)

Googleでは信頼とか信用が大切な要素だと思うのですが、発リンクに関しては慎重になるべきだと思います。

もちろん発リンクのすべてが悪いという意味ではありません。

発リンクによりコンテンツの完成度を高める事が出来るのであれば、どんどんリンクしていくべきだと思います。

自サイトでは説明しきれない部分やより詳しく解説しているページなどにリンクを貼る事は

ユーザーにとってもありがたい事です。


受けてるリンクの品質に関しては、低品質なリンクを受けてるだけであれば

プラスにもマイナスにもならないと考えています。

ある特定の条件下では何かあるみたいですが、僕は体験した事がないので分かりかねます。

被リンクによるペナルティの見解

新規のドメインは例外です。

最近のGoogleを見ていると、リンクの品質部分が結構重要な気がしています。

もちろんアンカーテキストとか、関連性とか基本的な要素も大切なのですが、

リンクの質が悪いと全く評価されないリンクが結構出てきてる感じを受けました。


自演乙リンクサイトの続き

自演乙リンクサイトの続き

前回の記事自演乙リンクで低迷するサイトの続きっぽい記事です。

関連性のあるリンクで該当サイトに向けたリンクが、なぜ自演乙したのか?

答えは結構簡単な事で、「そのサイトばかりに向けたリンクをしていたから」です。

気付いた時にはすでに遅しって事で、リンクを外してもすぐにはお許しを得る事は出来ない。

該当リンク外しで自演乙から復活するのか?恐らく今までの傾向でいくとお許しは出る可能性高いです。

ただ、答えはGoogleさんのみぞ知るって所でしょう。

今回は自演リンクを残したまま、他のリンクをあてて中和できるのか?の実験をしています。

ペナルティでいえばアルゴリズムによるそれほど重い物ではないので、なんとかなるんじゃ?って思っています。

そうなってくると、自演乙じゃないリンクでペナルティトリガーを引いてしまったサイトも

消せない負の遺産を中和させる事が出来ると思います。

ただ、その程度の重さによるとは思いますけどね。

実験リンクがうまく作用するかどうかもポイントですしね。


自演乙リンクで低迷するサイト

JUGEMテーマ:SEOについて


自演乙リンクで低迷するサイト

SEO対策での被リンク獲得に自作自演リンクを使ったサイトで低迷している事例を紹介します。

自演乙サイトの順位

上記は月間検索回数4400ほどのキーワードでの順位の推移です。

ドメインの取得から現在までの全推移となります。

見ていただければ分かります様に、最初だけ順調だったのですが

自演リンクを増やしていけばいくほど、まっさかさまに落ちていくのが分かると思います。

関連性のあるブログからのリンク、関連性のあるサイトからのリンク。

このような施策を行なっていても、自演リンクは乙るのです。

Googleはどこで自演リンクと判断しているのかは明確には分かりませんが、

Google様は結構鋭いと感じます。

サテライトブログからのリンクがメインサイトに向けた物ばかりだと

人の目で見ても、結構分かりやすいですよね。

ページ単位では上位表示してるページもあったりしますから、TOPに向けたリンクが怪しいと判断されたのでしょうね。

しっかりとしたコンテンツページがあるのに、不自然な形のリンクがTOPに集まるのはやっぱりダメでしょう。

一応改善策は序所に行なっております。

改善したあかつきには、その対応方法を公開したいと思います。

質の良いコンテンツと検索順位

JUGEMテーマ:SEOについて


質の良いコンテンツと検索順位

Googleが推奨する質の良いコンテンツの定義は

魅力的であり、オリジナリティに富んだユーザーに有益な情報をもったコンテンツ

上記の様な感じだと思います。

過去、この様なコンテンツを持ったサイトが必ずしもSERPsの上位にあるとは限りませんでした。

どちらかといえば沢山のキーワードリンクを受けているサイトが上位にある傾向といえます。

これらのリンクのほとんどが意図的に仕組まれたリンクであり、

コンテンツが特に優秀という訳でもないが、上位に君臨出来た。

近年のGoogleアルゴリズムの変化によってかなりこういった傾向は改善されてきてはいますが

まだまだ完全ではないといえます。

我々ウェブマスターが今後どういった形でSEOを施していけば良いのか?

ライバルサイトの施策を分析して自サイトと何が違うのかを比べるのは良い事ですが

被リンク数が多いからとかキーワードリンクが多いから、

あるいはページ内にキーワードを沢山使っているから

こういった事ばかりに目を向けるのはオススメしません。

少なくともGoogleが推奨する質の良いコンテンツを作る事。

そして良質なリンクを得る様なコンテンツ、リンクを貼りたいと思わせる内容

そういった事に目を向けていく必要があるだろうなと感じております。

今コンテンツの充実を行なっている方で、順位が思う様に伸びない方は

長い目で見れば絶対プラスに働く事になるという事を忘れないで頑張ってほしいなと思います。

自分もね。

自然なリンクが集まらないサイトはどうするべきか?

JUGEMテーマ:SEOについて


自然なリンクが集まらないサイトはどうするべきか?

Googleのアルゴリズムで重要な要素である外部リンク。

この外部リンクは本来であれば、自然発生的に得る事が望ましいのですが、

サイトのコンテンツ的に自然にリンクが集まるのはありえない場合も結構あります。

そういったサイトの場合、外部施策はどうしたら良いのか?

キレイごとは言っていられないのであれば、リンクを購入する方法があります。

ただこれはGoogleがはっきりNG出していますし見つかった場合重いペナルティーを受ける可能性が高いです。

かといってコンテンツを充実させてもリンクは集まらない。。。

このパターンの場合、僕ならこうします。

相互リンクと中小検索エンジン登録。それに加えてドメインの下層にブログ設置です。

このブログで自然にリンクが集まるコンテンツを展開します。

ユーザーに役立つコンテンツをブログで展開する事、それとソーシャルネットワークも活用するでしょう。

ツイッターやフェイスブックを使って、多くの方々と交流してブログ記事も公開していくでしょう。

ブログに集まったリンクはドメイン全体の力を上げる効果をもたらします。

結果公式サイトも高い評価を得ることになる。

ただ、あまりにも人気のあるキーワードは無理かもしれませんが。。。

今後のGoogleアルゴリズムの変化次第ですけど。

本当に必要とされるコンテンツが上位に来るアルゴリズムになる事に期待したいですね。

Googleの更新で評価したいサイトが見えてくる

JUGEMテーマ:SEOについて


Googleの更新で評価したいサイトが見えてくる

数日前からGoogleの順位変動が起こっていますね。

やはり一旦落ち着きを取り戻した後に再度動きだしました。

まだまだ途中経過なのですが、それでも上がったサイト、下がったサイトの傾向を見ていると

傾向的に専門性があり内容が充実してるサイトは上がってきていますね。

内的な要因もそうですけど、外的な要因も変ってるのかな〜と思ったりしています。

一部不可解な結果もありますけどねw

パンダアップデートが来るのかどうかは分かりませんが、やれる事はやっておきましょう。

パンダ・アップデートから身を守る5つの予防法

パンダアップデート云々以前に、低品質とみなされかねないコンテンツは作らない。

もしくはロボット避けしておくのがやっぱり良いと思います。

Googleが評価したいと思っているサイトと現実ではまだまだギャップがある事も確かです。

ただ今後、評価したいと思っているサイトが上がっていく傾向で間違いはないと思っています。

だとすれば、自ずと今後のSEOの方向性は何に重点を置くべきか見えてくるのではないでしょうか。

リンクによって死滅する質の良いコンテンツ

JUGEMテーマ:SEOについて


リンクによって死滅する質の良いコンテンツ

GoogleのSEOにおいて重要な要素は大きく分けて二つあると思います。

キーワードとリンク

キーワードはコンテンツの中で展開する物だと思うのですが、

オリジナリティがあって一つの事柄を深く掘り下げた内容のコンテンツは

ユーザーに役立つコンテンツとして評価されますし

SEO的にもテーマがまとまっている事でプラスに作用します。

そんなコンテンツを一生懸命作成して、順位を上げる為に自作のリンクを貼ります。

実験的に自作リンクを与えた結果がこちら

さようならの図

まさに、さようなら状態です。

なぜこの様な状態に陥ってしまうのか?

リンク以外の何者でもないのです。

ちなみにこれは、サイト内の特定のページにだけ発生したペナルティです。

その他のページは普通に上位表示しています。

関連性のあるサテライトブログから自作リンクを貼り続けた結果です。

アンカーテキストはキーワードを含んだ分散です。

とどめはROSリンク(ブログのサイドバーリンク)


キーワードやドメインの状態、アンカーテキストの内容等、様々な要因が絡むので一概には言えませんが

すくなくともドメインが一年未満の状態では、サテライトからのリンクは気をつけた方がいいと思います。

サテライトは関連性を持たせるので、ただでさえリンクとしての効果が強いです。

自作リンクの場合、キーワードを含めないとか、数を抑える等

その辺考慮してリンクを付けるのがいいと思います。

米Googleのアルゴリズム更新

JUGEMテーマ:SEOについて


Googleがアルゴリズムの大幅なアップデートを行ないましたね。

米Googleではエライことになってるみたいですが、日本のGoogleにはまだ実装されていません。

英語圏でエライことになるぐらいのアップデートが日本に実装されたら

日本語解析の観点で見るとめちゃくちゃになりそうな気もしないでもないです。

具体的になにがどう変化したのか、もしくは新たな要因が加わったのかは分かりませんが

アルゴリズムの事を考えるよりも、オリジナリティのあるコンテンツを作成する事に注力する事をオススメします。

これは今後どんなにアルゴリズムの変化が起きても絶対的に強いサイトになる為のポイントだと思います。

一つのテーマに沿ってより深く掘り下げた内容のサイト。

GoogleのSEOはこれに尽きると最近つくづく感じています。

被リンクを沢山付けてるのに中々思うように順位が上がらないと思っているのであれば

今一度、自サイトのコンテンツを見直して上位のサイトとコンテンツ的にどう違うのか?

見比べて見るのもいいかと思います。

ブログでドメインの力を上げる

JUGEMテーマ:SEOについて


どうもこんばんは。

このブログは開設当初、SEO対策 e-searchの公式ブログっぽくして更新していました。

始めた当初は訳もわからずに、ただひたすら更新していたのを覚えています。

最近になってe-searchの公式ブログとしてサブドメインで新たなブログを立ち上げた訳ですが

これには訳があります。

公式ブログという肩書きを付けるからには、やっぱりそのドメイン配下なりサブドメインなりで作成しないと

なんか違和感があるなぁと思っていたからです。

で、ブログ新たに作ると決めた時にサブドメインにするか、下層に置くか迷いました。

恐らく下層に置く場合は、ワードプレスでブログ作る事になる。

サブドメインにする場合は、ロリポブログにする。

頭の中で色々と考えた結果、サブドメインにする事になった訳なんですが

理由としては、今のGoogleはサブドメインをよりドメインに近い存在と認識しているのでは?と思ったからです。

公式ブログをサブドメインに設置して、ユーザーに役立つ良い記事を更新する事で

記事にナチュラルなリンクが付く事になります。

そのナチュラルなリンクがサブドメインの公式ブログのみならず、

ドメイン本体にも影響を与える可能性を期待&実験としてサブドメインにした訳なのです。

下層にワードプレスでブログを設置すれば間違いはない訳なんですが、

実験好きの悪い癖が出た様で。。。

検索結果に出るサイトリンクなんかも、サブドメインを表示する例もありますし

今の所いい結果に繋がってるかなと感じております。

Googleの更新中でよくある事

JUGEMテーマ:SEOについて


Googleの順位が大幅に変化するタイミングはアルゴリズムの更新が主な原因なのですが

この時期は多くのウェブマスターが一喜一憂しているかと思います。

旧YSTの更新よりはまだマシですが。。。

さて、更新中にいきなり自分のサイトが圏外に消えていくとビックリしますよね。

特にやましい事をしていないのであれば、数日待ってみましょう。

元に戻ってる場合がほとんどだと思います。

これはフラクチュエーション(検索結果のゆらぎ)からくる物です。

たまたまゆらぎに当たってしまうと、数日ですが嫌な物ですよね

特に今年はスパムに対するアルゴリズムを大幅に更新してくると思いますので、その度にゆらぎます

常日頃のSEO対策を胸を張ってガイドラインには違反してない!と言える様な施策をする事が

更新時に余計な心配をしない事に繋がると思います。

被リンクを追いかけるSEOもジャンルやキーワードによっては必要なのですが

コンテンツの充実に努めるSEOを心がけると良い結果が待ってると思います。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM