GoogleのSEOに変化

GoogleのSEOに関する面白い記事を見つけたので、紹介します。
SEOテキストリンク広告

GoogleのSEO対策としてみなさんが盛んに行なっている「相互リンク」
Googleでの上位表示は相互リンクによるアンカーリンクの確保が王道でした。

この相互リンクがSEOの為の物とGoogleに判断されると、ページランクのポイントをシェアしなかったり、検索結果に影響をあたる物にはならないと言う事は以前から分かっていました。

しかし、今後は検索結果を落とすペナルティーが発生したり、
一方向リンクであっても、SEO目的の物と判断されれば同様にペナルティーを受ける可能性があると言う事です。

サイトの関連性を無視した相互リンクや発リンクは良い影響を与え難くなるだけでなくマイナス要因すら発生すると言う事ですね。
今後のGoogle対策はYSTのSEO対策に近くなってくると言えるのではないでしょうか?
ページランクと言う物が存在する限り、YSTよりは被リンク重視なのは変わりないと思いますが、いかに非人工的なリンクを獲得出来るか?がポイントとなってくるでしょう。

ペナルティーに関しては恐らく全部が全部と言う訳ではないと思います。
例をだすと
http://auto-rouge.net/
この様な物はダメなのはお分かり頂けると思います。

サイトの関連性が無くても、友人のサイトを紹介したい場合などは
リンクの前後に友人のサイトであると言う文章を付け加える

普通に考えれば、友人のサイトを紹介文が何も無い状態で、ただリンクをしてある訳が無いですよね。

「このサイトは友人のサイトです。」などと書くはずです。

ただこれもテーマの関連性が無いのに数が多すぎると、ペナルティーを受ける可能性が出てきます。

もし、<noscript>タグのリンクが上記の物に当てはまるのであれば、面白い事になりますね。





コメント
どうもこんにちは!
いろんなブログを応援させていただいています。
応援ポチッ!
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM