リンクが与える影響を考える

リンクが与える影響を考える

Googleのツールバーページランクがメジャー更新した模様なんですけど、

個人的な管理サイトでは、あ〜やっぱりそうなんだというランクの付き方でした。

ツールバーのページランクが検索順位に直接影響は及ぼさない訳なんですが

実際のリアルページランクは、リンクの品質も見てランクを付けているのでしょうから、

ツールバーのページランクも過去の物ですけど一つの見える判断材料としては参考になると思います。


コンテンツが良い悪いとは別の部分で、

そのページが受けてるリンクの品質はどうなのか?

発リンク先のページの品質はどうなのか?

といったリンクが与える影響を考えてみたいと思います。

低品質なリンクはどういった物なのか?

Googleが評価したくないであろうリンク
・SEO目的だけの為に集まったリンク郡(サイト群)
・テーマにそぐわない多量に貼られた相互リンク集ページからのリンク
・ワードサラダからのリンクetc

すべてではないと思いますが、これらのリンクは恐らく評価されないし、

そういったページ(サイト)に発リンクをしてしまうと

こちら側の評価も著しく下がると思います。

いわゆるスパムサイトに向けて貼ったリンクですね。(気付かないけど相互リンクしてしまったとか)

Googleでは信頼とか信用が大切な要素だと思うのですが、発リンクに関しては慎重になるべきだと思います。

もちろん発リンクのすべてが悪いという意味ではありません。

発リンクによりコンテンツの完成度を高める事が出来るのであれば、どんどんリンクしていくべきだと思います。

自サイトでは説明しきれない部分やより詳しく解説しているページなどにリンクを貼る事は

ユーザーにとってもありがたい事です。


受けてるリンクの品質に関しては、低品質なリンクを受けてるだけであれば

プラスにもマイナスにもならないと考えています。

ある特定の条件下では何かあるみたいですが、僕は体験した事がないので分かりかねます。

被リンクによるペナルティの見解

新規のドメインは例外です。

最近のGoogleを見ていると、リンクの品質部分が結構重要な気がしています。

もちろんアンカーテキストとか、関連性とか基本的な要素も大切なのですが、

リンクの質が悪いと全く評価されないリンクが結構出てきてる感じを受けました。



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM