内部SEOは検索ユーザー最適化

JUGEMテーマ:SEOについて


どうもこんばんは。

最近よく思うのは「検索エンジン最適化」って本当にいろんな意見があって面白いなと。

SEO対策の基本はもうみなさんご存知かと思いますので割合しますけど、

大きな要因は被リンクなんですよね。

被リンクといいましても、それこそ色々な形があって質やら数やらと沢山の要素が関連してきます。

大きな要因は被リンクなんですけどそれだけじゃダメなのも、もうご理解されていると思います。

コンテンツが大事なんですよね。

コンテンツって言うのは、そのサイトなりページなりの主張したい情報な訳で

それを正確にGoogleなどの検索エンジンに伝える為の施策がSEOの内部最適化です。

内部最適化って表現が適切なのかどうか疑問ですが、

キーワード検索してきたユーザーに対して適切な答えをもってるページにしてあげるって事です。


例えば「SEO」って検索したユーザーがなにを求めているのかって事を考えます。


意味を知りたいのか?

方法を知りたいのか?

サービスを提供してる会社を探しているのか?

ツールを提供しているサイトを探しているのか?

それらに類する情報を探しているのか?


大体こんな感じになるかと思います。

Googleは大まかな提案を1ページ目でしてくる訳ですね。

これらユーザーが欲してるだろうコンテンツをサイト内に盛り込んであげる事により

キーワードに対する答えを持っているサイトになります。

これが「検索ユーザー最適化」って記事のタイトルにした部分です。


充分なコンテンツが用意出来たら後は、外部からの評価を得るだけですね。

多くのサイトが支持するサイトは評価される。

これは昔から今も変っていません。

多くのサイトといいましても、低品質なリンクを数だけ増やしてもダメなのはお解かりかと思います。

リンク元もそれなりに評価されているページでなければ意味がないですよね。

話がそれましたが、内部SEOは検索ユーザー最適化と考えてコンテンツを作成しましょう。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM