SEOの基本パート2

前回はキーワードの選定の大切さとタイトルタグ・メタタグについて書きました。

ホームページ作成ソフトなどで作ったホームページをそのままアップすると

タイトルタグやメタタグが無い状態で作成されるので、htmlソースを開いて入れてあげて下さい。

さて今回は、htmlの基本構造について書きます。

以下のSEO的なhtmlの基本構造です。(htmlが分からない方はご自身で調べて下さい)

<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<title>キーワードを含んだホームページのタイトル</title>
<meta name="description" content="キーワードを含んだホームページの紹介文章">>
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3,キーワード4">
</head>
<body>
<h1>キーワードを含んだ見出し</h1>
キーワードを含んだコンテンツ
<a href="URL">関連するリンク</a> など

<h2>キーワードを含んだ見出し2</h2>
キーワードを含んだコンテンツ
<a href="URL">関連するリンク</a>

<h3>キーワードを含んだ見出し3</h3>
キーワードを含んだコンテンツ
<a href="URL">関連するリンク</a>

</body>
</html>

以上がSEO的なホームページの骨組みの基本となります。
検索エンジンはこの中のテキスト文章を読み込んでウェブサイトのコンテンツを評価します。

「キーワードを含んだ」と言うのが大切な所です。

見出しタグ1つに対してそのコンテンツを展開していく感じですね。

必ずしもこれに添った物を作成しなくてはならない訳ではありません。

ここで大切なポイントは<h>タグとコンテンツ文章と<a>タグの関連性です。

例を作成します。

<h1>SEO対策(検索エンジン最適化)の無料情報サイト</h1>
無料SEO対策・検索エンジン最適化(Google対策・Yahoo対策)の無料情報サイト。
<a href="URL">無料SEO対策情報はこちら</a>

上記の様なhtmlがあるとします。

この場合もっともキーワード的に強くなるのが、「無料 SEO 対策 情報」の4キーワードです。

この4キーワードを組み合わせた複合キーワードに強い文章と言う事です。

各キーワードの位置関係と<a>タグでのテキストリンク内のキーワードで強みを出しているのです。

続きは次回に

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM