過剰SEOの一例

JUGEMテーマ:SEOについて


過剰SEOの一例

SEO対策を行っていると、思わぬ所で過剰なSEOを行ってしまう事があります。

とあるキーワードで順位がなかなか上がらないサイトがありまして、

外部リンクもそこそこ受けていて、アンカーテキストにターゲットキーワードが結構含まれている場合、

リンクを受けているページ内で、ターゲットキーワードの過剰な使い方をしてるサイトがありまして

内部リンクにもターゲットキーワードを入れてずらっと並べている形です。

これを内部リンクをキーワード抜きの形にした所、順位がぐぐっと上がったという事例がありました。

良かれと思ってそうしていたんだと思いますが、それが結果的に足を引っ張る形だったという事ですかね。

しかしこれも、大丈夫なサイトは大丈夫なんですよね。

こういった事ってほんとすべてのサイトには当てはまらない事例ばかりなのですが、

SEO対策を意識すると変にキーワードを入れたくなる事があると思います。

ユーザー的にも、そのサイトはターゲットキーワードのサイトである事は明確な訳ですから、

無理に内部リンクにそのページのキーワードを含ませるのも考え物だと思います。
(リンク先ページの内容を表すキーワードは必要だと思いますが)



SEO対策は自分でやってみる事で分かる事のが多い

JUGEMテーマ:SEOについて


SEO対策は自分でやってみる事で分かる事のが多い

初心者がSEO対策を始めるにあたってe-searchでもなるべく分かりやすい様なコンテンツを心がけていますが、

見る人によっては「なんだこれ意味がわからん」となる部分も多いと思います。

最近「SEO対策の手引き」なるコンテンツを増やして、とりあえずこっからやっていきましょう。

的な物にしていこうと、今後も改良していこうと思っています。

SEO対策の情報は僕のサイトなんかよりももっと分かりやすいサイトやブログはいくらでもありますので

色々探してみるといいと思います。

で、様々な情報をもとにサイトにSEOを施していくと「あれ?」と思う部分が必ず出てくると思います。

SEO情報サイトに書いてあるのと実際は違っていたりする部分ですね。

これはサイトの状態やドメインの状態によってケースバイケースの部分がSEOには多いからです。

100サイト100通りの施策があると考えておいた方がいいかもしれません。

ただ基本的な要素はほとんど変わりはないと思いますので、

まずは「基本部分」をしっかりと身につけておきたい所です。

カテゴリーページや個別ページまで狙った対策ワードで上げれるような状態にもっていけるように

タイトルのつけ方やサイト構造の最適化などやっておきたい部分ですよね。





PR
海外・英語SEO対策専門、海外のGoogleで上位表示達成なら世界へボカン!

SEO対策の在り方を考える

JUGEMテーマ:SEOについて


SEO対策の在り方を考える

検索エンジンで何かの情報なりを検索した際にオーガニック部分の

最初の1ページ目には、検索したキーワードに対する

明確な答えを持ったサイトが表示されているはず。

検索したユーザーの立場で言えば、

これが検索エンジンを利用する最大の理由であり魅力でもあると思います。

その1ページ目に表示されているサイト達の

バックリンクがどうだろうと関係ないですし知った事ではありません

有料リンクだろうとナチュラルリンクだろうと、検索キーワードに対する

有益なコンテンツがあり満足出来れば良い訳です。

実際自分が検索して情報を探すときもそうですし、ほとんどの方がそうだと思います。


話は変わってGoogleにはガイドラインという決まりごとがあります。

そのガイドラインに違反しているサイトは如何に有益なコンテンツを有していようとも容赦なく切り捨てます。

SEO対策を行なう側としては、自分のサイト、あるいは委託されたサイトを上位表示させようと

様々な施策を施して上位表示を試みます。

施策の内容は完全にホワイトと言える物は限られているでしょう。

だから、せめてコンテンツはユーザーが満足出来る内容がほしいですよね。

SEO対策は自分やクラインアトの為に行なうのですが、

その先にあるユーザーを見据えた物にしたい物です。

ユーザーを見据えた施策を行なうと自然とコンテンツも充実してくるでしょうし

ユーザーが欲しかった情報の穴を埋める事が出来るかもしれません。

内部SEOは検索ユーザー最適化

JUGEMテーマ:SEOについて


どうもこんばんは。

最近よく思うのは「検索エンジン最適化」って本当にいろんな意見があって面白いなと。

SEO対策の基本はもうみなさんご存知かと思いますので割合しますけど、

大きな要因は被リンクなんですよね。

被リンクといいましても、それこそ色々な形があって質やら数やらと沢山の要素が関連してきます。

大きな要因は被リンクなんですけどそれだけじゃダメなのも、もうご理解されていると思います。

コンテンツが大事なんですよね。

コンテンツって言うのは、そのサイトなりページなりの主張したい情報な訳で

それを正確にGoogleなどの検索エンジンに伝える為の施策がSEOの内部最適化です。

内部最適化って表現が適切なのかどうか疑問ですが、

キーワード検索してきたユーザーに対して適切な答えをもってるページにしてあげるって事です。


例えば「SEO」って検索したユーザーがなにを求めているのかって事を考えます。


意味を知りたいのか?

方法を知りたいのか?

サービスを提供してる会社を探しているのか?

ツールを提供しているサイトを探しているのか?

それらに類する情報を探しているのか?


大体こんな感じになるかと思います。

Googleは大まかな提案を1ページ目でしてくる訳ですね。

これらユーザーが欲してるだろうコンテンツをサイト内に盛り込んであげる事により

キーワードに対する答えを持っているサイトになります。

これが「検索ユーザー最適化」って記事のタイトルにした部分です。


充分なコンテンツが用意出来たら後は、外部からの評価を得るだけですね。

多くのサイトが支持するサイトは評価される。

これは昔から今も変っていません。

多くのサイトといいましても、低品質なリンクを数だけ増やしてもダメなのはお解かりかと思います。

リンク元もそれなりに評価されているページでなければ意味がないですよね。

話がそれましたが、内部SEOは検索ユーザー最適化と考えてコンテンツを作成しましょう。

サイトの表示スピードが遅いのは致命的

JUGEMテーマ:SEOについて


SEOをする前に確認しておくべき事として、サイトの表示スピードがあると思います。

表示スピードが遅いと、もう見るのを止めて他のサイトを探しに行ってしまう方も多いでしょう

8秒ルールなんていうのが昔ありましたが、今は回線の速度も速くなり

パソコンのスペックも上がっているため8秒でも遅いと思ってしまいます。

早いサイトは本当に早くて、色々とページを見るのも苦になりませんよね

サイトの表示スピードが極端に遅いサイトはすぐにでも改善すべきです。

例えSEO対策を施して1位になったとしても、サイトを開いて終わるまでに10秒とか掛かっていたら

恐らく多くのユーザーを逃してしまう可能性が高い訳です

CMS等を使ったサイトに多く見受けられるので改善出来るのであれば、改善した方がいいでしょうね。

今後のSEOは頭の良い人が勝ち残る?

JUGEMテーマ:SEOについて


Yahoo!がGoogleへの移行を完了したとの事で、GoogleのSEOが主流になった訳なんですが

SEOをやってるウェブマスターの多くの悩みが「リンクの獲得」でしょう。


リンクを買えば話は早いのですが、見つかれば危険を伴う可能性もある訳で、

そもそもそんなお金が沢山ある人ばかりではないと思います。

個人的には手当たり次第にリンクを買うぐらいなら、リスティング広告をやった方が賢明だと思います。

リンクを買うのにも、見極める力が必要ですからね。

資金力のあるSEO業者さんなんかは、オールドドメインを大量に購入して、

優良なサテライトを作られています。

自作自演するにも、それらのサイトやブログにもリンクが必要となる訳ですから、

最初からリンクが付いているオールドドメインの取得は賢い選択の一つと言えます。

中にはハズレの物もあるみたいですが。。。


お金の無い我々一般ピーポーは、頭を使うしかないと思います。

ナチュラルリンクを集めれるコンテンツを考えたり、自作したり自作したり。。。

涙ぐましい努力ですが、間違ったSEOをしなければ自作リンクも捨てた物ではないと思います。

実際僕はリンクを買った事はありませんし、自作と努力だけでやってきました。

SEO界の重鎮の方々には鼻で笑われそうな事ですが

無料(セルフ)でSEOをやる場合に方法が限られてきています。

バイラルコンテンツなんて簡単には作れませんし、サイトの内容によって大きく変ってきます。

頭を使って運良く出来たのなら、それはそれで良いでしょう。

リンクベイト(リンクを集める方法)で参考になる記事

大量のリンクを集めるリンクベイトを量産する 3 つのステップ

リンクベイトを簡単実行。被リンクを増やすためのリンクベイトの具体的手順


キーワードの選択が最も重要

セルフでSEOをする場合、絶対にキーワードの選択だけは入念に調べる事をオススメします。

ちょっとした言葉の違いで検索回数が大幅に違ったり、

大穴的なキーワードで検索回数は少ないけど、コンバージョンが高かったり。

その辺はちょっと死ぬ気で考えても損はしないと思いますし、

実際に色々なキーワードで試してみるのも良いと思います。

その辺色々と参考になるのは「SEMアドバイザーの揺さBrain!」さんが

とっても参考になる記事を書いてくれていますので、見る事を強くオススメします。

以上です。

検索エンジンに最適化させる

JUGEMテーマ:SEOについて


SEO対策を行なう上で様々な施策がある訳なんですが

SEOの本質といいますか、それってなんだと思いますか?

僕はよく、「検索エンジンに馴染ませる」って書いたりしていますが

馴染ませるって事がSEOなんだと勝手に思っているからです。

馴染ませる部分は、サイト内外で色々あると思います。

キーワードに対する主張性や被リンクを受ける事による関連性など

ウェブサイトをテーマに馴染ませる事が「検索エンジン最適化」だと

サイトを馴染ませる事が出来るのは、コンテンツがユーザー向けである事

またコンテンツがユーザー向けであれば、検索エンジンにも馴染む

なんか意味不明になってきましたが、私的にそう思っています

馴染ませるって表現が曖昧だと思いますが、分かる人には分かるって事で。

キーワードを強調する部分

どうもこんばんは。

キーワードを強調するって言うプロセスの中に

いくつか思い浮かぶ事柄がありますよね。

タグで言えばタイトル・メタ・H・ストロングなどなど

SEO対策に有効と言われているこれらのタグも、使い方によってはちょっと問題有になってきます。

ページ内のキーワードを強調させるのは、あくまでも文章の中身

タイトルにいっぱいキーワード詰め込んで欲張るのは、分散するだけで、テーマが絞られないし

メタキーワードにいっぱい入れるのも、効果なし

キーワードは、さりげなく際立たせるのがいいんです、

ロングテールワードの場合も、接近させないと効果薄になります。

例えば「A B C」と言うキーワードを狙っている場合に

「CDEFGH AB」の並びで文章を書くより
「DEFGHC AB」の並びで書いた方が関連性が強くなる

複数のキーワード(関連性のある)でやりたい場合は、別のページでやるか

サブドメインでやる方が効率よくキーワードを強調出来るんですね。

さりげなく自然に際立たせて、欲張り過ぎない

そうやってサイトを作っていけば、出現率が何%とか気にしないでも

自然に検索エンジンは評価してくれるようになります。

勿論被リンクも大切ですがSEO対策はあくまでも、ナチュラルに。。。

ブログのパワーはいつまで通用するのか

ブログからの被リンクが、SEO対策的にパワー大な現状ですが
この状態をいつまでもYahooやGoogleが、放置しておくのか気になる所です。

どんなブログからでも良い訳ではありません、
更新頻度の高い、豊富なオリジナルテキストのブログ記事からのリンク

テーマの関連性は合ったに越したことはないですが、関連性が無くても
今のところ被リンクパワー的には結構な威力を出しています。

このテーマにそぐわない記事からリンクを受けている状態が
スパム的な部類になるのかと言えば、現状ペナルティーにはなりません
しかし、検索順位を意図的に操作するリンクなのは間違いありません。

この方法が通用しなくなった時にどうするか?
これを今のうちに考えておく必要があると思います。

ブログはweblogと言われて情報発信の為の物であり、
そのlogつまり記事の中から発せられたリンクには特別なパワーがある
しかしリンクの仕方も、記事中のどこでリンクをするのかで
パワーの大きさも変わってくるのではないかと思っています。

記事の最後に無造作にリンクする
記事本文の途中で自然な形でリンクする

このふたつであれば、本文の途中で自然な形でリンクをするのが
SEOのパワー大だと思います。

自然な流れからのリンクを意識していれば、今後も十分に通用する
SEO対策の方法だと願いたいです。

YahooとGoogleの両方で

こんばんは。

YahooとGoogleの両エンジンでTOP10入りしているサイトはどれほどあるんでしょうね?
ロングテールなキーワードであれば可能ですが、
例えば、「SEO」「SEO対策」などのビックキーワードの場合
ほとんど、TOP10サイトは違います。
唯一入っているがwikipediaぐらいです。
この様に両エンジンでTOP10入りするのは至難の業といえます。

この難易度が高いSEOをSEO対策 e-searchでめざして頑張っているのですが、
TDPに悩まされています。
正直TDPなのか不具合なのか、ちょっと最近分からなくなってきた部分もあります。

現状YahooではRSS表示ツールのホームページになってます。(笑)

TDPが解除されれば両エンジンTOP10入りしそうな感じではあるんです。
一月に2・3日くらいTDPが解除される時もちょくちょくあるんですが、
その時はYahooでもSEO対策のワードでTOP10に入っていました。

サイト内に原因があると思われるんですが、今はすこしずつ修正をして様子を見ています。


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SEO対策 ブログへようこそ

検索エンジン最適化の方法や情報、検索エンジンの動向等を綴っていくブログです。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM